契約はきちんと守ろう

部屋

契約期間と契約更新

賃貸アパートやマンションなどは、賃貸借契約をすることで住むことができます。守山市で賃貸を借りる場合は、守山市の地元の不動産屋さんや大手不動産会社が仲介をしてくれます。守山市には賃貸物件が沢山ありますが、それぞれで敷金や礼金が違います。また、住む上で重要な取り決めごとも、物件ごとに違います。似たような賃貸でも、持ち主である大家さんによって、取り決めが厳しいところもあれば、緩いところもあります。いずれにしても、入居する前に大事な条件すべてをしっかり聞いて、納得してから契約することが大切です。賃貸物件の契約期間は2年が一般的です。2年の満期が来てさらにその物件に住み続けたい場合は、契約更新をする必要があります。だいたい賃貸借契約の満期が来る3か月くらい前に、不動産会社のほうから契約更新手続きについてのお知らせや案内が来ます。契約更新をする場合は、新しい賃貸借契約や重要事項説明書の内容を良く読んでからサインをします。契約更新ごとに家賃や管理費が変更になる場合があるので、しっかり内容を確認しておくことが大切です。契約の更新手続きの際には、更新料と新しい火災保険料を納めるのが一般的です。契約更新料は、家賃+管理費の1か月ぶんが相場です。火災保険料は最初に不動産会社で賃貸借契約をしたときに収めた費用と同じです。守山市の一般的な一人暮らし向けワンルームマンションなら、火災保険料は1万5千円が相場です。